目  次

利用間伐

発注計画

一般造林

立木販売予定団地

教育の森

立木販売予定団地

クヌギ林

団地一覧

公社の概要

森林整備状況

公社改革

決算報告

総括表

公社だより

美しい森林

J-VER

ダウンロード

FAQ

過去の

更新履歴

お問い合わせ

立木販売

 

 

 

 

 

公社改革の取り組み

 

 近年の林業を取り巻く環境は山村の過疎化、木材需要や木材価格の低迷、林業経営費の増大等により厳しい状況となってきたため、当公社においても平成14年度の「高知県公的分収林経営改善検討委員会」からの提言「公的分収林経営改善へ向けて」を踏まえ、平成15年度から平成19年度までの「公社改革プログラム(経営改善実行計画)」、平成20年度から平成24年度までの「第2期経営改善実行計画」を策定し経営改善に取り組み、公庫借入金の施業転換資金への借り換えや任意繰上償還をおこなうことによる金利負担の軽減、事業活動収支差額の黒字化を平成23年度に達成するなど、一定の成果を上げてきました。

 平成24年2月に「高知県森林整備公社経営検討委員会」から提言された「高知県森林整備公社の経営改革プラン」(以下「改革プラン」という。)に基づき、さらに、経営改善の取り組みを推進するために公社経営改善実行計画と公社経営計画とを合わせた「第10期経営計画」(平成24年度から平成28年度まで)を平成24年度に前倒して樹立し、新会計基準への適用や一般社団法人への移行、森林資産の査定、人件費や有利子負債の削減等、一定の成果をあげていますが、今後も継続した取り組みを行う必要があります。

 このことから、平成28年8月に有識者や林業関係者等を委員とする「高知県森林整備公社経営計画検証等委員会」を設置し、第10期経営計画の成果と課題を検証し、併せて平成29年度からの第11期経営計画についても、同委員会からの意見等を踏まえながら、「改革プラン」に沿った「第11期経営計画(経営改善実行計画)」を策定しました。

 

 

 

5カ年の取り組み目標数量等

 収穫事業の安定維持・・・・・・・・・利用間伐 年平均236ha実施

                      主伐    年平均122ha実施

 管理委託の推進・・・・・・・・・・・・・18団地(212ha

 事業活動収支の黒字維持・・・・・単年度平均 16,735千円

 Eランク団地の契約解除推進・・・30団地

 分収割合変更の推進・・・・・・・・・287契約協議

 

詳しくは下記よりダウンロードしてください。

 ・第11期経営計画書(経営改善実行計画書) 【PDF

 ・ 同 別添資料 PDF

 

パンフレットを作成しましたのでご覧ください。

 ・高知県森林整備公社の経営改善に向けて 第2号 【PDF

 ・高知県森林整備公社の経営改善に向けて PDF