目  次

利用間伐

発注計画

一般造林

立木販売予定団地

教育の森

立木販売予定団地

クヌギ林

団地一覧

公社の概要

森林整備状況

公社改革

決算報告

総括表

公社だより

美しい森林

J-VER

ダウンロード

FAQ

過去の

更新履歴

お問い合わせ

立木販売

 

 

image002.gif

 

 

 

logo-utukusi

 

 

 一部の報道機関でも報道されていますように、今、山林の現場では、針葉樹などをすべて伐採し、その跡地に植樹をしない、出来ないことが大きな問題となっています。いわゆる、皆伐による裸地化と言われている問題です。そして、今の社会情勢の下で、山林経営が非常に困難を伴うことがこの問題の底流にあります。
 林野庁においても、この問題に取組むために、「美しい森林」共同整備特別対策事業を今年度から導入し、通常伐期(50年から60年)による皆伐から間伐等を繰り返す非皆伐施業への転換を図ることにより、森林の持つ公益的機能の増進を推し進めることとしております。
 高知県においても、社団法人高知県森林整備公社(以下「森林整備公社」と言います)に事務局を置く、「美しい森林」共同整備高知県協議会を設立し、林野庁の補助を得て、この事業を推進することにしました。具体的には、森林整備公社が所有、管理する分収林を対象として、35年生以降に2回の列状間伐などを実施し、間伐して開いた空間に他の樹木の侵入を図る長伐期非皆伐施業を実施し、皆伐による裸地化を未然に防ぎ、同時に森林の持つ公益的機能の増進を図ることを目的としました。
 この目的を達成するために、次の具体的な事業を実施する予定です。@森林整備公社の分収林を対象に伐期を80年に延長する契約期間の延長に取組みます。A長伐期非皆伐施業を広く普及啓発するために、「非皆伐施業の推進について」と題したパンフレットを作成し、森林整備公社の分収林の地主、約1,700名の方に送付し、併せて、意向調査を実施します。B県下から数箇所を選定し、森林整備公社の分収林の地主さんや周辺の森林所有者を対象に、長伐期非皆伐施業について現地説明会を実施ます。
 なお、この「美しい森林」共同整備高知県協議会の会員は、高知県、室戸市、香美市、大豊町、いの町、四万十町、黒潮町、土佐清水市、高知県森林組合連合会、四国電力株式会社高知支店となっております。

興味ある方はアンダーラインをクリックして頂けば、それぞれ関連の文書等を見ることが出来ます。

 

非皆伐施業推進計画 PDF

 

「非皆伐施業の推進について」のパンフレット PDF

 

 

 

平成20年11月30日 非皆伐施業推進計画(長伐期非皆伐施業)の現地説明会の様子です。

 

平成20年11月30日午後6時30分から約1時間、黒潮町有井川地区の方々を対象に、非皆伐施業推進計画(長伐期非皆伐施業)の現地説明会を開催しました。協議会からは、田中参事以下3名が出席し、 「非皆伐施業の推進について」のパンフレットを主なテキストとして、13名の地域住民に説明をしました。この現地説明会は、平成20年11月から平成21年2月までに県下5市町村7カ所(総参加者 約100名)で開催しました。

 

image006.jpg

左の写真が有井川地区を対象とした現地説明会の様子です。

写真をクリックすると動画になります。

協議会からの説明があった後、主に次のような質疑応答がなされました。

 

問 「二段林、多段林の森林にするというが、どこか実施したところが

   あるか。」

答 「県内でやっている所もあるが、多くはない。」

 

問 「公社の山の中に個人で植えた山がある、出したくても出せない。」

答 「公社の山が契約満了となって立木販売をしたとき、落札した業者

   に搬出をお願いするしか方法がない。」

また、次のような意見もありました。「最後は広葉樹の山にするということであるが、広葉樹の山でも手入れをしないと藪になって、入ることもできなくなる。

  

 

 

 

平成29年2月9日、平成29年度予算を決めるために、平成28年度「美しい森林」共同整備高知県協議会通常総会を開催しました。

 

 詳しくは下記をご覧ください。

平成29年度事業計画及び収支予算書 PDF

 

 

平成29年5月26日、平成28年度決算等を決めるために、平成29年度「美しい森林」共同整備高知県協議会通常総会を開催しました。

 詳しくは下記をご覧ください

平成2年度決算報告書及び業務報 PDF

 

 

 

PE07_TPトップページへもどる